ドアが開かない時の対処

現在ではキーフリーシステムの車も珍しくありませんが、電池が切れてしまうとドアが開かなくなってしまいますので、電池切れに気をつけなければなりません。
車種によっては電池残量を教えてくれる場合もありますので、その方法も確認しておくと安心ですね。

それでも電池切れでドアが開かなくなってしまった場合、いくつかの対処法があります。
プッシュスタート式の場合、まずはカギのつまみを押しながら中に収納されているサブキーを使ってドアを開けます。
ドアが開いたらすぐにキー本体をプッシュスタートスイッチに付けながらスイッチを入れてセキュリティを解除しましょう。

イグニッションノブ式の場合、同じようにサブキーを使ってドアを開けたら、すぐにエンジンをかけてください。
万が一セキュリティアラームが鳴ってしまっても慌てずに、キー本体をイグニッションノブに密着させて回せば大丈夫です。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

return top