傷をDIYで修理する方法

運転慣れしていなかったり、他の車にぶつけられて愛車のボディなどにキズをつけてしまった経験のある方も多いかもしれませんが、塗装などの工程を行わずに修理することができますから、その方法をご紹介いたします。

この方法は、深めのキズには適していませんが、磨いて取れない程度のキズなら修理することができますから、クリヤーのウレタンの塗料で埋めていきましょう。

耐水ペーパーで足付けを行ったら、紙などで紙縒りを作ってキズ部分にクリヤー塗料で少し盛り上がるくらいまで埋めていきましょう。

浅いキズならクリヤーを埋めることで綺麗に目立たなくなりますから、あまり難しい作業が得意ではない方は、ぜひ実践してみてはいかがでしょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

return top