深い傷をDIYで直す方法とは

ふと車のボディを見たら、付けた覚えのない傷が付いていたという経験のある方も多いかもしれませんが、爪が引っ掛かるような傷ならDIYでスッキリ消してしまいましょう。

まずは傷ついた部分を耐水ペーパーで目立たなくなるまで水研ぎしていき、傷周辺をマスキングテープで囲ったら、コンパウンドを使って綺麗にしていきましょう。

車の塗装によっては、コンパウンドによるバフ目が目立ってしまうことがありますので、濃色専用のコンパウンドやポリッシャーを使うのがオススメですよ。

専用の機械など持っていなくても、手磨きだけで傷を綺麗に磨くことができますし、この方法は洗車傷にも有効ですから、愛車の傷が気になるという方はぜひ実践してみましょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

return top