ボディに付いたこすり傷を補修する

車

ボディにいつの間にか付いてしまった、こすり傷や引っ掻き傷は素人の人でも簡単に補修することができますので、その方法を紹介いたします。

今回の補修では車と似たような色合いのタッチアップペンをとコンパウンドを用意します。

まずは傷がどれくらい深いのかを知る必要があり、水を付けてみて傷が消える程度の浅さの場合には、補修の必要はありませんので、コンパウンドで磨いて元の状態に直しましょう。

水をかけても直らない場合には、ボディの下地にまで傷が付いていますので、下準備としてコンパウンドで磨き、サンドペーパーで傷の溝に溜まっている錆や汚れを取り除きます。

シリコンオフで脱脂したら、マスキングテープで塗料を塗る部分を囲っておき、タッチアップペンで傷を埋めるように塗料を塗り重ねて補修していきます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

return top