簡単に車の傷を補修する方法

通勤や買い物で車を毎日のように乗り降りするする人も多く、気がついた時にはドアハンドルなどの周りに小さな傷や擦り傷が増えているということもあるのではないでしょうか。

小さな傷の補修は、方法さえ知っていれば誰でも簡単にできますし、リペア用品はホームセンターや100均で手軽に手に入れられるようになりました。

傷の種類によって補修の方法が異なり、擦れてできた浅い傷にはコンパウンドを使い、引っかいたような深い傷には補修用の塗料を使って補修を行いますが、傷の見分け方として爪が引っかかる場合は深い傷と認識します。

コンパウンドを使う場合は、車体に汚れやゴミが付いていない状態にして、綺麗な布にコンパウンドを付けてまっすぐ磨いていき、仕上げのコンパウンドで磨きましょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

return top