誰でもできるバンパーのへこみを直す方法

車をぶつけたりぶつけられたことにより、車のバンパーが凹んでしまったという経験のある人も多いですから、今回はドライヤーを使ってお金をかけずに車のへこみを直す方法を紹介いたします。

車のバンパーというのは樹脂でできていますので、熱で変形するという特性を持っているため、凹み部分をドライヤーで数分間温めるだけで、その効果を実感できますよ。

凹みが深い場合はドライヤーを使いながら、もう片方の手で内側から押してあげると、元の状態に近づけることができますので、火傷に気をつけながら作業しましょう。

ドライヤーの熱を利用し発生しますので、作業の際には軍手などを着用して、安全を確保する必要がありますし、熱硬化タイプの樹脂を使用している車ではできませんので注意しましょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

return top