雨ジミを取り除く簡単な方法

秋雨が続いたことにより、車にウォータースポット(雨じみ)ができてしまい悩んでいるという方もいるかもしれませんが、コーティングを行うことにより、あっさり取り除くことができますよ。

雨ジミは、白い輪状になってボディに残ってしまいますが、何もコーティングしていないと水をかけた時に水滴がブツブツと残っている状態になってしまうのです。

水をかけたら残った分の水滴をエアーで飛ばし、雨ジミを除去するために、専用クリーナーを満遍なく塗って水で洗い流してみましょう。

たったこれだけの簡単な作業を行うだけで、水ハケが良くなり雨ジミも付着しにくくなりますので、ぜひ洗車する際には親水系のコーティング剤を使ってみてはいかがでしょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

return top