ハンドルの据え切りが故障の原因になる?

ハンドルの据え切りとは、車が停止している状態でハンドルを操作するということを意味していますが、車に負担がかかる行為ですから、故障に繋がる可能性もあるのです。

ハンドルが回転しにくい昔の車では、停止している状態でハンドルを切ると車を傷めてしまうと言われていて、今ではハンドル操作補助の目的でパワーステアリングというものが登場して、楽にハンドルが切れるようになったのです。

初心者ドライバーなど車の運転に慣れていない人は、ハンドルの切り返しを行っている人もいるかもしれませんが、ハンドルの据え切りによってタイヤの摩擦が発生してしまい傷めてしまうのです。

タイヤの偏磨耗が進んでしまうと、最悪はパンクやバーストが発生してしまうことも考えられますので、タイヤの据え切りはあまりオススメできません。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

return top