エンジンオイルをセルフで交換する方法

車のエンジンオイルはDIYで交換する事ができますので、ぜひセルフで交換してみてはいかがでしょう。

まずは、車のボンネットを開けて固定した状態で、オイルキャップを外したら、ジャッキで車の車高を少しですが上げて、古いオイルを捨てる場合には専用の廃油処理箱が必要ですから、あらかじめ用意しておき、箱を組み立てて準備しましょう。

オイルは車の下から抜いていくので下に入ってドレンボルトを緩めますが、車の下での作業は注意して、ある程度ボルトを緩めたら廃油処理箱をセットして、ボルトを外すのです。

汚れた古いオイルが出てきますので、体に付着しないよう注意して作業し、オイルが完全に抜けきってからボルトを締めるのですが、ワッシャーを新しくしておくと良いでしょう。

新しいオイルを適量まで入れて、オイルキャップを締めたら作業が完了ですよ。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

return top