カーポートの強風対策

風の強い地域や台風が多く上陸、近隣を通過する地域は強風対策が欠かせません。
カーポートの強風対策が弱いと柱が折れてしまって愛車が傷ついたり、屋根が飛ばされて近隣住民に迷惑をかけてしまうリスクがあります。
こうした被害を防ぐためにもカーポートの強風対策はしっかり行っておきましょう。特に冬場はどの地域も強風が吹くことがありますので、特に上記に挙げた地域でなくてもある程度の強風対策を行っておくことが望ましいです。

強風に強いカーポートを選ぼう

一番望ましのは、事前に強風に強いカーポートを選んで設置することです。カーポートには耐風圧強度という規定値が定められています。こうした情報はカーポートのパンフレット等にも記載されているためチェックしてみてください。
またカーポートの上に太陽光パネルを設置するソーラーカーポートなどは、その性質上、標準で高い耐風性能を備えています。基本的にどれを選んでも高い耐風性能がありますが強度はメーカーやブランドによって異なるので、過信せずにこちらも耐風圧強度のチェックを行いましょう。

既存のカーポートを補強する

既に設置されているカーポートの補強をしたいのなら、サポート柱など後から設置するタイプの柱を取り付けて固定したり、屋根にアルミ製の屋根材ホルダーと呼ばれる補強材を設置したりすることになります。
一つ注意したいのは、どういった補強であってもカーポート本体に影響が出る可能性があることです。
場合によっては屋根の強度は上げられたけど、柱の強度は下がったというようなことがありますので、既存のカーポートの強度を補強したいのなら、きちんと専門家に相談して行うことをおすすめします。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

return top